増田明美のホームページ ビデオメッセージへ各種お問い合わせへトップページへ

TOP > おしゃべり散歩道 > 2019年目次 > エッセイ第51回
プロフィール
おしゃべり散歩道
イベント情報
出演予定
執筆活動
リンク集

おしゃべり散歩道2019

新国立競技場へ

 「HELLO,OUR STUDIUM」(ハロー、私たちの競技場)と題した新国立競技場のオープンイベント(12月21日)にテレビの取材で参加しました。完成した競技場は想像していた以上の立派なもの。外観に杉の木を使っているので和の雰囲気、ですがここは檜舞台となります。
 観客席の下にはぐるりと一周する車道と駐車場があり、雨の日にはランニングしたくなります。観客席は3層構造で、旧国立競技場に比べて上の方でもグラウンドに近く感じました。バリアフリーも進んでいて、車椅子とその家族や随行者が並んで観られるスペースが広いのもステキです。
 さて、イベントは迫力のある和太鼓で始まりました。その音に魂を揺さぶられるのは、日本人の遺伝子かもしれません。次に東北6県のお祭りが登場。和の雰囲気を持った新国立競技場のオープニングにふさわしい、日本らしい風情でした。
 そして、グラウンドに三浦知良さんが登場。旧国立競技場で最もゴールを決めた選手が、真新しいピッチで始球式のようにサッカーボールを蹴ったのです。以前、知良さんのお母さん由子さんとお会いした時に「ブラジルにサッカー留学した中学生の知良と手紙のやり取りをしていた頃が懐かしい」と話していたのを思い出し胸が熱くなりました。
 その後はドリカム、嵐のライブ。最後はリレーで、オリンピック、パラリンピックの選手が混合でリング状のバトンをつなぎました。障害の有無、男女などの壁を越えた、正にユニバーサルリレーです。少しふくよかになったボルトさんが登場したのにもびっくり。
 伝統芸能、音楽とスポーツには接点があるなと感じた1日でした。

(共同通信/2019年12月23日配信)

次のエッセイを読む 【2019年の総合目次へ】 前のエッセイを読む


Copyright (C)2001-2020 Kiwaki-Office. All Rights Reserved.
サイト内の画像・文章等の転載・二次利用を禁じます。