増田明美のホームページ ビデオメッセージへ各種お問い合わせへトップページへ

TOP > おしゃべり散歩道 > 2019年目次 > エッセイ第50回
プロフィール
おしゃべり散歩道
イベント情報
出演予定
執筆活動
リンク集

おしゃべり散歩道2019

岡山から世界へ

 師走の岡山路に元気な女性達の足音が。15日、第38回山陽女子ロードレース大会(有森裕子杯ハーフマラソン、人見絹枝杯10キロロード)が開催されました。注目はMGC(マラソングランドチャンピオンシップ)に優勝し、東京五輪を決めた天満屋の前田穂南さん。レース前日、MGCの後は少しゆっくり出来た?と聞くと「あんまり…、…クイーンズ駅伝もあったので…」と、いつもと変わらずはにかむような独特の表情で。この大会が終わったらすぐアメリカへ渡り、年末年始もアルバカーキで合宿なのです。休まなくて大丈夫?といえば「はい」と即答してにっこり。隣でコーチの山口衛里さんが「前田は24時間ずっと陸上のことを考えているのが楽しいんだもんね」といえば「はい」とまたにっこり。監督の武冨豊さんは「前田は私をやる気にさせてくれる。私の指導も引き上げてくれていますよ」と嬉しそうに話してくれます。名将を唸らせるほどの凄い選手なのです。
 さてレースは「1時間8分台で走り、自己ベストを出したい」と言って臨んだ前田さん。序盤から積極的に先頭を引っ張りましたが、13km付近でスパートした英国のシャーロット・パデューさんに付けず2位に。記録は1時間9分8秒の自己ベストでしたが、喜ぶ様子はみじんもありません。「悔しいです、もっと練習します」と前田さん。東京五輪では金メダルをとります!と話しますが、不思議と全然ハッタリには感じらないのです。本当にやってくれそうな気がします。
 「来年は年女ですから、輝ける1年にしたいです」と23歳の前田さん。子年だけに注(チュー)目される年になりそうです。

(共同通信/2019年12月16日配信)

次のエッセイを読む 【2019年の総合目次へ】 前のエッセイを読む


Copyright (C)2001-2020 Kiwaki-Office. All Rights Reserved.
サイト内の画像・文章等の転載・二次利用を禁じます。