増田明美のホームページ ビデオメッセージへ各種お問い合わせへトップページへ

TOP > おしゃべり散歩道 > 2017年目次 > エッセイ第35回
プロフィール
おしゃべり散歩道
イベント情報
出演予定
執筆活動
リンク集

おしゃべり散歩道2017

プレーに指導に執筆に

 ピンクのサルスベリの花が夏を惜しむように咲いていた8月下旬、サッカー選手の岩政大樹さん(東京ユナイテッドFC、元日本代表)とお会いしました。身長187cmの岩政さんは、150cmの私と並ぶとデコボコ2ショットで風景的に面白かったです。今、現役選手を続けながら、指導をし、執筆や解説の仕事もするという超多忙の生活を送っています。「色んなことをやってみて自分の方向性を決めたい」と話す岩政さん。そして「増田さんの解説は人の心理を伝えている。僕も目指したい」と、とても謙虚で意欲的なのです。
 聞けば、ご両親が小学校の教員をやられ、彼も東京学芸大学時代に中高の数学の教員資格をとっています。なので、数学的思考で「サッカーで失点した時、何が悪かったのが分析していく癖がある」と言います。それはむしろ解説者向きだと思いました。サッカー中継の時に、1つプレーやゲームの流れ、得失点について、選手の心理を踏まえながら解説してくれると面白そうです。
 家族は銀行員の奥様とお嬢さんの三人暮らし。共働きなので家事は分担のようです。「料理教室に通いました」と話す岩政さん。料理を作る上でも本などを読むだけではなく、基礎からやらなきゃと。本当に真面目な人です。何でも作れるようになり、得意料理はハンバーグと茶わん蒸しだとか。
 9月中旬に「ピッチレベル」という本が出版されます。サッカーの技術的なことに加え、試合中の選手の心理を書いたものです。第一線を退いたとはいえ、まだまだ現役でプレーする岩政さんの視点は、競技の真髄を語るはず。岩政大樹さんの活躍の場はピッチを飛び出し、これから大きく広がっていきそうです。

(共同通信/2017年9月4日配信)

次のエッセイを読む 【2017年の総合目次へ】 前のエッセイを読む


Copyright (C)2001-2018 Kiwaki-Office. All Rights Reserved.

サイト内の画像・文章等の転載・二次利用を禁じます。