増田明美のホームページ ビデオメッセージへ各種お問い合わせへトップページへ

TOP > おしゃべり散歩道 > 2017年目次 > エッセイ第30回
プロフィール
おしゃべり散歩道
イベント情報
出演予定
執筆活動
リンク集

おしゃべり散歩道2017

首相官邸でダブルダッチ

 首相官邸に1台の大型バスが到着し、JAPANと背中に書かれたジャージ姿の小中学生14人と保護者の皆さんが降りてきました。世界大会で優勝した八王子のダブルダッチクラブの皆さんです。安倍首相と記念撮影した後、安倍首相はダブルダッチの競技も見学。向かい合った2人が2本の縄を交互に回す中で跳ぶダブルダッチを見て、「すごいスピード、迫力あるね」と感心されていました。選手は安部首相の前での演技を終えると「緊張したー」とほっとした様子。安部首相はご公務もあり、5分ほどで次の仕事へと行かれましたが、子ども達にとっては宝物のような体験になりました。
 その後、別室で優勝報告会が開かれ、萩生田光一官房副長官、藤江陽子スポーツ庁審議官が出席。私は日本ダブルダッチ協会の会長として同席したのです。なぜ首相官邸を訪ねることが出来たかというと、今年5月に萩生田さんが地元八王子で開かれた壮行会に出席され、「優勝したら首相官邸に招待するから、がんばって」と激励され、その約束を守ってくださったからです。萩生田さんは野球やラグビーに親しんできたこともあり、子ども達のスポーツを応援しています。
 この日も、目標に向かって日々努力する子ども達を褒め、「勉強もがんばってね」と激励。そして、「10年前に、スケートボードがオリンピック競技になることを予想した人がいるでしょうか。皆さんが一生懸命競技に打ち込んでいれば、将来オリンピック競技になるかもしれません」とエールを贈ってくれました。子ども達のキラキラ輝く瞳が印象的でした。その後、首相官邸や国会を見学。モチベーションが上がる、最高の夏休みになりました。

(共同通信/2017年7月31日配信)

次のエッセイを読む 【2017年の総合目次へ】 前のエッセイを読む


Copyright (C)2001-2018 Kiwaki-Office. All Rights Reserved.
サイト内の画像・文章等の転載・二次利用を禁じます。