増田明美のホームページ ビデオメッセージへ各種お問い合わせへトップページへ

TOP > おしゃべり散歩道 > 2016年目次 > エッセイ第37回
プロフィール
おしゃべり散歩道
イベント情報
出演予定
執筆活動
リンク集

おしゃべり散歩道2016

盛り上がりを4年後に

 大阪・ヤンマースタジアム長居で9月23日から25日まで開催された全日本実業団陸上。最終日に男子100mで山縣亮太さんとケンブリッジ飛鳥さんが直接対決。10秒03の日本歴代4位の好タイムで山縣さんが制しました。
 その前日、サブトラックで練習する山縣さんの姿を発見。興奮した私は山縣さんが練習を終えるのを待ち、ゆっくり近づいて行きました。すると、走り寄って来てくれたのです。とても礼儀正しい人です。リオでの偉業を讃えると、「ありがとうございます。ただ個人の100mは95点でした」と山縣さん。明日はやり残した宿題を絶対に終えるぞ、という少年のような瞳が印象的でした。
 ところで、大会では盛り上がったリオ五輪の熾火を絶やさないように、様々な工夫がされています。多くの観客に来てもらおうと、初日は往年のランナーとのジョギング。宗猛さん、山下佐知子さん、高岡寿成さんが市民ランナーと共にトラックを5周しました。3人とも現役時代のフォームそのままで、私は懐かしい気持ちになり、大阪陸上競技協会の方からランニングシューズを借りて飛び入り参加。先頭に立ってペースを上げると「おい、おばさん。速すぎるよ」と猛さんに洋服を引っ張られました。
 また、競技場前では福士加代子さんらのサイン会が行われ、長蛇の列が。最終日にはテレビ番組の収録が行われ、ジャニーズの人気タレント、KAT-TUNの上田竜也さんがリレーで選手と対戦。観客席はこれまでにない賑わいでした。
 各競技団体でオリンピック・パラリンピックでの盛り上がりを2020年につなげようと様々な取り組みをしています。選手達にとっても新たなスタートの秋です。

(共同通信/2016年9月26日配信)

次のエッセイを読む 【2016年の総合目次へ】 前のエッセイを読む


Copyright (C)2001-2017 Kiwaki-Office. All Rights Reserved.

サイト内の画像・文章等の転載・二次利用を禁じます。