増田明美のホームページ ビデオメッセージへ各種お問い合わせへトップページへ

TOP > おしゃべり散歩道 > 2018年目次 > エッセイ第45回
プロフィール
おしゃべり散歩道
イベント情報
出演予定
執筆活動
リンク集

おしゃべり散歩道2018

見事な復活、新谷さん

 福島市の阿武隈川に毎年帰ってくる白鳥のように、陸上界に5年ぶりに帰ってきた新谷仁美さん。紅葉色づく11月11日に開催された東日本女子駅伝は、正に新谷仁美一色でした。東京チームのアンカーとして出場し、トップと1分半の差を逆転。チームを優勝に導きました。抜かれた清田真央さん、玉城かんなさんらも、日本のトップクラスの選手です。でも、新谷さんの走りは次元が違っていました。
 5年間、事務系の仕事をしていましたが「自分が生かされるのは陸上競技。でも国内は意識していません。相手は世界です」と新谷さん。相当な覚悟を持って帰ってきたのです。
 思い出すのは、2013年のモスクワ世界選手権。1万mに出場した彼女は9500mまで先頭を走り、最後の1周でアフリカ勢に抜かれ5位に。それでも日本歴代3位、30分56秒70の自己ベストでした。レース後に「悔しい、悔しい。メダル取らなきゃ意味ないんです」と、大泣きしながら話した姿が忘れられません。その後、右足踵を痛めて引退。燃え尽きたのでしょう。この5年という歳月は、新谷さんが心身の疲れを癒やす大切な時間だったのだと思います。
 小出義雄さんは「集中力は、これまで私が教えた選手の中で一番」と話します。そして今、指導するのは横田真人さん(800m元日本記録保持者)。「私の仕事は練習環境を整えることと、時々助言したり一緒に走ったりすること」と横田さん。練習メニューも新谷さんは自分で作るそうです。
 レース後、2020年への思いを聞くと「今は目の前のレースに全力で向かうだけです」と新谷さんはキリリッとした表情で話しました。苦労した分、それがまた新たな力を生みそうです。

(共同通信/2018年11月12日配信)

次のエッセイを読む 【2018年の総合目次へ】 前のエッセイを読む


Copyright (C)2001-2019 Kiwaki-Office. All Rights Reserved.
サイト内の画像・文章等の転載・二次利用を禁じます。