増田明美のホームページ ビデオメッセージへ各種お問い合わせへトップページへ

TOP > おしゃべり散歩道 > 2018年目次 > エッセイ第27回
プロフィール
おしゃべり散歩道
イベント情報
出演予定
執筆活動
リンク集

おしゃべり散歩道2018

盛り上がったパラ陸上

 水と緑と詩の街(萩原朔太郎さんの故郷)前橋市で、7月7日、8日と2018ジャパンパラ陸上競技大会が開催されました。私はこれまで大会に取材で足を運んでいましたが、この度、日本パラ陸上競技連盟の会長に就任(選手の応援団長になろうと思って)。今回は会長としての初仕事です。先ず、世界記録を持った選手も何人か来ているので、観客が入っているかどうか気になりました。正田醤油スタジアム群馬に着き、ドキドキしながら観客席をみると…、おーっ、ホームスタンド側はいっぱい!聞けば、スポンサー企業の方々が家族連れで応援に。地元の中学生、高校生達もたくさんいて、嬉しくてスタンドの皆さんに挨拶に行きました。
 「観客が多いですね」と日本障がい者スポーツ協会会長の鳥原光憲さんに話すと「今、学校、企業、地域がそれぞれにパラスポーツの魅力を知ろうと一生懸命です」と。2020年へ向かうこの動きが心のバリヤフリーになると話してくれました。
 そんな中、日本新記録も誕生。砲丸投げの萩本昇さんは、兵庫県明石市から車で14時間かけて前橋に到着。豪雨の影響もあり途中四カ所で通行止めにあい、回り道も。でもリオパラリンピック金メダリストのコロンビアの選手から、練習中にアドバイスを貰ったそうです。「お陰でコツをつかみましたよ」と嬉しそうでした。
 そして最後の種目でドイツのレーム選手が走り幅跳びで自らの世界記録を更新。「調子も良かったが、観客の声援が力になった。前橋ありがとう」と。競技終了後も多くの子どもたちにサインするなど大サービス。やはり選手にとって観客の力は大きいと感じました。これからも、がんばらなくちゃ!

(共同通信/2018年7月9日配信)

次のエッセイを読む 【2018年の総合目次へ】 前のエッセイを読む


Copyright (C)2001-2019 Kiwaki-Office. All Rights Reserved.
サイト内の画像・文章等の転載・二次利用を禁じます。