増田明美のホームページ ビデオメッセージへ各種お問い合わせへトップページへ

TOP > おしゃべり散歩道 > 2017年目次 > エッセイ第42回
プロフィール
おしゃべり散歩道
イベント情報
出演予定
執筆活動
リンク集

おしゃべり散歩道2017

故障乗り越え力走

 神宿る島、宗像・沖ノ島とその関連遺産群が夏に世界文化遺産に登録されました。10月22日、その話題の地でプリンセス駅伝(「クイーンズ駅伝」全日本実業団女子駅伝の予選会)が開催。台風21号が近づいていたこともあり、スタート時から強い風で木々が歌うように揺れていました。そんな過酷な中で優勝したのは、豊田自動織機。昨年のクイーンズ駅伝は、1区と2区の襷渡しでオーバーゾーンとなり失格。涙をのみ、その雪辱を果たす感動的な優勝でした。
 そして、5区で区間賞に輝いた前田彩里さん(ダイハツ)の走りは、正に「疾風に勁草を知る」もの。前田さんは、2015年の名古屋ウィメンズを2時間22分48秒の好タイムで走り、日本人トップに。23歳のシンデレラガールと呼ばれ、北京世界陸上に出場。リオ五輪も期待されましたが、左足を故障し手術。約2年間レースから遠ざかっていました。「ケガをさせるなんて僕の責任だ。何としても復活させる」と林清司監督が辛そうに話していたのを思い出します。前田さんは父親のように優しい監督に見守られるなか、苦しいリハビリに取り組み、走れない日々を腐ることなく乗り越えたのです。お母さん淳子さんも「市民ランナーの私だって一か月走れないとイライラするのに、彩里はよくがんばっている」と涙をためて話していたほど。
 この日、前田さんは故障前よりも絞れた体で、髪の毛をキュっとまとめ、神々しさを感じるような出で立ちでした。レース中は、強い向かい風にずっと前傾姿勢で挑み、最後は笑顔で襷渡し。道の最高神でもある三女神を祀っている宗像大社。縁起にいい場所で、前田さんが2020年に向けて第一歩を踏み出しました。

(共同通信/2017年10月23日配信)

次のエッセイを読む 【2017年の総合目次へ】 前のエッセイを読む


Copyright (C)2001-2018 Kiwaki-Office. All Rights Reserved.

サイト内の画像・文章等の転載・二次利用を禁じます。