増田明美のホームページ ビデオメッセージへ各種お問い合わせへトップページへ

TOP > おしゃべり散歩道 > 2016年目次 > エッセイ第20回
プロフィール
おしゃべり散歩道
イベント情報
出演予定
執筆活動
リンク集

おしゃべり散歩道2016

飾らない言葉と笑顔

 「全然ダメ!もっと練習します、精進します。応援よろしくお願いします」と、福士加代子さん(ワコール)はいつもの飾らない言葉と笑顔で答えました。高橋尚子杯ぎふ清流ハーフマラソンに、「リオ五輪に向けての練習の一環」として出場。結果は6位(1時間12分4秒・日本人1位)で、後半のペースダウンを反省していました。
 いつもより大きめのサングラスをかけて走りましたが、シューズも含め、リオに向けて色々と試しているようです。会場には、日本陸上競技連盟の科学班の姿も。この時期の岐阜の気候がリオと似ているため、レース中の発汗量や心拍数などの基礎的なデータを調べていました。準備は着実です。
 それにしても優勝したユニスジェプキルイ・キルワさん(1時間8分55秒・バーレーン)は最初の5kmを15分49秒で走り、そのまま先頭を譲らず。2か月前の名古屋ウィメンズマラソンも昨年に続いて連覇。リオ五輪出場も決まっています。この日、解説していた私でもキルワさんの全身から溢れる「勝ちに行く気迫」を感じたのですから、一緒に走った福士さんは相当刺激を受けたことでしょう。
 でも、キルワさんよりトラックの5000m1万mの実績が勝っている福士さん。持ち味のスピードを活かした策を、これから緻密な永山忠幸監督と共に練っていくはずです。「今後のことは全て監督に聞いて下さい」と話す福士さんの言葉にも、監督への深い信頼を感じました。
 実はレース前日、大阪国際女子マラソン前に食べていた縁起のいい「金盃カステラ」を福士さんに差し入れ。その後の記者会見で目が合うと「ありがとうございます」と私に向かってにっこり。照れ屋で優しい福士さんです。

(共同通信/2016年5月16日配信)

次のエッセイを読む 【2016年の総合目次へ】 前のエッセイを読む


Copyright (C)2001-2017 Kiwaki-Office. All Rights Reserved.

サイト内の画像・文章等の転載・二次利用を禁じます。