増田明美のホームページ ビデオメッセージへ各種お問い合わせへトップページへ

TOP > おしゃべり散歩道 > 2016年目次 > エッセイ第13回
プロフィール
おしゃべり散歩道
イベント情報
出演予定
執筆活動
リンク集

おしゃべり散歩道2016

日本記録破る選手は

 東京で開花宣言が出された2日後、都内のホテルで野口みずきさん(女子マラソン日本記録保持者)と伊東浩司さん(100m日本記録保持者)と共にトークイベントに参加。私は進行役。主催は北海道士別市で、スポーツ合宿の里として多くの選手がお世話になっています。野口さんの記録は10年間、伊東さんの記録は17年間破られていません。2人がどんな話をしてくれるのかと、会場には200人ほどの観客に加え、マスコミ21社が来場。その中には名古屋ウィメンズを走り終えた野口さんの去就を知りたい人も多かったと思います。
 先ず、野口さんは「五輪の前に士別で調整合宿をしましたが、街をあげて応援してくれるのが嬉しかったです」と。40km走を終えた日の夜、市が開いてくれたバーベキューが美味しかったと話しました。伊東さんも「そうそう、野菜も肉も、とにかく食べ物がおいしかった」と。「誰が自分の記録を破ると思う?」と私が伊東さんに聞くと、間髪入れずに「桐生祥秀選手です」と答えたのです。日本人初となる9秒台が期待されますが「状態は万全なので、開幕戦となる4月2日の米国のレースで9秒台が出るかもしれません」と。すると「おぉー」と会場からも興奮が伝わりました。現在、日本陸上競技連盟の強化副委員長をしている伊東さんは「9秒台が出ても満足してはいけない。そこからが勝負です」と、くぎを刺すことも忘れませんでした。野口さんの去就については、色んな角度から突っ込みましたが「まだ先のことは何も考えていません」と。伊東さんと同じ質問をすると、少し考えてから「鈴木亜由子さんが楽しみですね」とにっこり。陸上界にも桜が咲きそうです。

(共同通信/2016年3月28日配信)

次のエッセイを読む 【2016年の総合目次へ】 前のエッセイを読む


Copyright (C)2001-2017 Kiwaki-Office. All Rights Reserved.

サイト内の画像・文章等の転載・二次利用を禁じます。