増田明美のホームページ ビデオメッセージへ各種お問い合わせへトップページへ

TOP > おしゃべり散歩道 > 2003年目次 > エッセイ第9回
プロフィール
おしゃべり散歩道
イベント情報
出演予定
執筆活動
リンク集

おしゃべり散歩道2003

「天城越え」が私のリズム

 マラソンシーズンの欧州。13日はロンドンマラソンだ。テムズ川沿いの桜並木が、ランナーたちを迎える。
 今、女子選手のスタイルはいろいろだ。オカッパ頭に大きなピアス、長いポニーテール…。そんな選手を見て、「ああして恋人を気にするから強いんだね」と思う人もいれば、「あんなに髪の毛がワッサワッサしてたら邪魔になるでしょ」と思う人もいると思う。
 でも、知っていましたか?首筋に当たるポニーテールが、心地良いリズムを生んでいることを。耳のピアスにも、ランニングパンツのお守りにも同じ効果があることを。
 私は調子がいい時、頭の中にずうーっと石川さゆりさんの演歌「天城越え」が流れていた。
 東京国際女子マラソンで日本人トップになった時(89年)も、35キロすぎの四谷の長い上り坂で、「あまぎ〜ご〜え」と、リズムに腕の振りを合わせていた。
 こんなのって、私だけかと思っていたら、Qちゃんこと高橋尚子さんや、ルーマニアのリディア・シモン選手も「スパートの時に曲が流れる」という。また、体調が良くない時は流れない、という点も共通している。
 年々、高速化が進むマラソンだけど、欠かせないのは、やっぱり「リズム」なのかもね。

(朝日新聞/2003年4月12日掲載)


次のエッセイを読む 【2003年の総合目次へ】 前のエッセイを読む


Copyright (C)2001-2020 Kiwaki-Office. All Rights Reserved.
サイト内の画像・文章等の転載・二次利用を禁じます。